FX自動売買で気をつけたこと

By: Nick Kenrick

FX自動売買は、自分のコピーロボットが働き続けくれ、しかも自分の欠点である「感情」なども排除されているといったものです。ほんとにもう、働き者さんなんだから!とほめてやりたくなりますが、自分にとっての失敗は、稼働環境に配慮がなかったといった点でした。24時間フル稼働させるためにリモートデスクトップをサービスを使ったのですが、あまり検討もせずに決定してしまったため、回線速度が遅く、注文が刺さらないなんてこともあったのです。

メモリに負担がかかり過ぎて、動作速度が遅くなってしまったこともありました。案外ほったらかしでしたので、そのことすらしばらく気が付いていませんでした。自分の設定でも大儲けにつながったであろう日に、考えていたよりも全くといっていいほど増えていなかったことがあったのです。なんでだろうと調べた結果、勝負どころで注文が刺さっていなかったなんてことが、不運にも重なっていました。売りでそれが今までなかったのが幸いで、もしロスカットで失敗していたらと思うと、ぞっとします。

FX自動売買のシステム自体は自分の理想とする動きをしてくれるのですから、それなりに納得できるものですが、稼働環境で影響が出た時には諦めが付きません。自動売買ツールを動かす上で重要なのは、回線速度とメモリです。価格ももちろん安いに越したことはありませんが、安かろう悪かろうでも困ります。バランスの良いものを探すことが先決だと、ようやく気が付きました。

FX自動売買は、信頼できる稼働環境が合って、初めて成り立つものです。自動売買ソフトはどんなものでも結構メモリを食うものです。1G程度でも不十分だと、これも後々気が付きました。しかも自分は2つほど稼働させていますので、1Gだと、頼りないメモリしか残らなくなってしまいます。パソコンの知識や操作にも長けているわけでもありませんので、サポートが万全な方が良いと言うことも解りました。

二匹のドジョウはいないからFX自動売買

By: Doug NC

ビギナーズラックというものが、どうしたものか確実に世の中には存在しています。これを自分なりに受け止めると、「雑念がなく、本質だけで物事をとらえる」から、生まれている現象となります。しかしこのビギナーズラックの恩恵を受けたものは不幸なことに、その後二匹目のドジョウを狙って失敗します。勝負の神様は、そんなに甘くはないということでしょう。ビギナーズラックの経験がない人は、実は幸いなのかもしれません。

トレードでは、裁量トレードとFX自動売買の二つに大別することができます。裁量トレードは自分の裁量において売り買いを行います。そこには「感情」もあれば「勘」もあります。この勘働きは否定することができません。何らかのルールを形に出来ないまま、しっかりと把握していることから生じているかもしれません。「勘が良い人」は、実際頭の中では何らかの理論が構築されているものです。それが表現できずにいるだけでしょう。

その反面、「勘が悪い人」は理論を分析できず、思い込みで行動する人です。実はただの「感情」ですから、始末が悪い。「何となく勝った」には、その背景にそれ以上の「何となくで負けた」が存在します。ビギナーズラックを経験した人は、「何となくで勝った」経験を最初にしてしまうので、次にも「何となく勝った」を期待してしまいます。「なぜ勝てたのか」その分析すらもしません。一度その概念を捨て、理論的に勝ちの確率を上げるためのツールを使ったものが、FX自動売買です。

勝つ確率が高いルールに基づいて、自動的に売り買いを行います。「雑念」の介入はなく、常にルールに従います。法則から外れた市場の動きは時として見られますが、それがない時の方が多いのですから、法則外れを狙うと勝率は下がります。常勝が目指すところのものであるならば、FX自動売買がオススメです。実は自分もビギナーズラックの恩恵を受けた一人です。二匹目のドジョウを狙う考えから脱却するのは、大変でした。FX自動売買を選択して、ようやく抜け出せた一人です。

世の中に偶然がありえないと教えてくれるFX自動売買

By: Fotos GOVBA

世の中に奇跡や偶然、偶発的といったものはないと自分では考えています。「奇跡」にも必ず原因と経緯がありますし、偶然や偶発にも、前兆があります。「そんなことはない」といった反論は、ただ単にその要素や法則を見いだせていないだけでしょう。かならず定義付けは出来るはずです。

トレードも同様で、市場には市場の流れがあり、イレギュラーに見えることにも、実はイレギュラーではない要因が存在しています。理論づけることが可能なはず。人が自分が実際に目のあたりにしているものだけを信じ、それにとらわれてしまうと、根本的なものを見落としてしまうだけの話です。FX自動売買を行うに当たって、自分の今までのデータの分析を行いました。中には市場が考えにもよらないような動きをして荒れ、大負けしたことも、大勝ちしたこともありました。

しかしそこすらにも、自分なりの法則を見出すことができました。偶然などは世の中にないを教えてくれるものです。こういったデータを分析し、FX自動売買に投入するルール付けにしました。FX自動売買を継続させていると、自分のやり方では大勝ちを逃すことも出てきます。これを諦めるのも一つの方法ではありますが、この「大勝のタイミング」を逃すのは、本意ではありません。大勝ちするルールを見つけ、それをはじめのうちは消極的に導入します。

その中でまた勝ち負けを重ねながら、新たなルールが見出されます。それをシステムの中に組み込み、徐々に積極的なトレードに切り替えてゆきます。FX自動売買とは、そのシステムを育てることに本質があります。一度組んだシステムが、最良の結果を生みだすならばそれで継続させてゆけばいいだけの話ですが、市場も成長するものです。それに合わせてシステムも成長させなければなりません。現在の完全無欠が、明日の完全無欠とは限りません。毎日データは蓄積されるのですから、それを生かして精度を高めることにつなげることが大切です。

月曜日に大きな窓が開くので週末は建玉を持たない

By: inna dee

明日は、いわゆる週明けになります。月曜日という重要な節目になっているのですね、もしかすると明日には多くの方々が損をしているかもしれません。というのも、窓が開く可能性が高まってきているのですね。
FXという商品では、ほぼ毎朝のように窓が発生する事になります。そして日によっては、それが非常に大きく拡大している事があるのです。

とりわけその傾向が顕著なのは、月曜日などのタイミングですね。実はFXの相場というのは、土曜日や日曜日でも、さりげなく変動はしているのです。目で見て確認する事はできませんが、まず確実に動いている訳ですね。

そして土曜日や日曜日などのタイミングでは、かなり大きな変動が生じている傾向があります。それにより、月曜日における窓などもかなり大きくなっている事が多いのですね。普段の平日の窓はそれほど大きく開いていなくても、月曜日には盛大に開いている事もあります。それで大きな損失が発生してしまうケースも決して珍しくありません。

そして明日のタイミングなのですが、普段の週よりもそれがさらに拡大する可能性が大です。というのも明日というのは、原油の価格がかなり下がってきているのですね。今までに比べると相当程度下がってきているので、もしかすると明日のオープン時には、かなり大きな窓が開いている可能性があります。ですので明日のタイミングで買い玉を保有している方などは、ちょっと大きな損失を覚悟した方が良いかもしれません。

そして肝心なのは、FXで週末に建玉を保有しない方が良い点ですね。建玉を保有してしまえば、上記のような損失が発生する訳です。逆に建玉さえ保有していなければ、それで不測の大きな損が生じる事も無いでしょう。

ですのでこの投資商品での売買をする時には、できるだけ週末のタイミングは建玉を持たない方が良いと思います。それを保有するというよりは、むしろノーポジションで週末を迎える方が望ましいと思う次第です。

机の上をできるだけ綺麗にして売買の成績を良くする

By: Manuel Martín

FXで稼ごうと思っている方々は、やはり利益率を重視している傾向があります。その率を高める為に、色々なセオリーを知りたいと考えている方も、非常に多い訳ですね。ですので人によっては、何らかの商材を知りたいと思っている事もあります。少しでも利率を高める為に、いわゆる情報商材などを求めているケースもある訳ですが、私はそれよりももっと根本的に大切な事もあると思います。机の上が整理整頓されているか否かです。

私たちの机の上というのは、総じて仕事ぶりを反映している傾向があります。思えばオフィスワークなどで働いている方々は、机の上に関して色々と気を使っている事も多いですね。机の上が整理整頓されている方ハ、仕事でのパフォーマンスが良いと見なされる事も多々あります。そして、実はそれはFXとも大きな関係があるのです。この金融商品での売買をする方々などは、パソコンを用いているケースも大変多い訳ですが、もちろん機材などは机の上に乗せられています。そして問題は、その机の上がきれいな状態になっているか否かですね。あまり乱雑な状態になってしまっていれば、パフォーマンスが悪くなってしまう事も多々ある訳です。

FXのトレーダーの成績は、実は机の上の整頓状況との相関関係が見られます。ある程度机の上が綺麗になっている方が、その金融商品でのパフォーマンスも良い傾向があるのですね。考えてみると、ある意味それも自然ではないでしょうか。机の上が整理整頓されていると、気が散る要素がありません。あまりにも机の上が雑然としていると、トレーダーの方々としては気が散ってしまうので、FXでの売買に集中できていない事も多いそうです。しかもそれは無意識の内に気が散っている事が多いのですね。

確かにFXで利益を生み出す為には、情報商材などによる知識なども大切な一面はあります。しかしそれ以上に、机の上が雑然としていないか否かも重視する方が良いのではないでしょうか。

売買での成績に大きく関わる健康面へのケア

By: a paulchu shot

FXで取引をしている方々は、色々と健康面に気を使っている一面があります。なぜなら自分の体調などは、稼げる効率などに大きく関わってくるからです。体調があまり良くない時には、基本的には売買を控えたほうが良いでしょう。

以前にある株のトレーダーの方が、なかなか興味深いことを話していたのを覚えています。あまり食べすぎない方が良いとの話ですね。そのトレーダーの方は、昼ご飯などはあまり食べないように心がけているのだそうです。全く食べない訳でもありません。何も食べないのでは売買に集中するのが難しくなるので、少しは食べるようにしているようなのですね。

ですがそのトレーダーの方は、それでもカップラーメン一杯程度にとどめているのだそうです。それ以上の食材などは摂取しないよう、普段から気をつけているようですね。ではなぜその方がカップラーメン程度にしているかというと、そもそもお腹がいっぱいになってしまえば、集中できなくなる事も多いからです。お腹が一杯になると、私たちは眠気を催してしまう事も多いでしょう。そして余計な眠気は、売買の妨げになってしまう事も多いのですね。眠気によって売買に集中する事ができずに、困ってしまうケースも見られます。

ですので上記の方としては、なるべく昼ご飯などは食べないように心がけている訳です。そして肝心なのは、体調管理などをしている点ですね。自分の体調に気を使っているので、普段からその方は売買の成績は比較的良い状況だそうです。

また食生活だけでなく、普段の病気などに関わる健康も同様です。日常生活次第では、健康面があまり良くないケースも見られる訳ですが、やはりそれは避けた方が良いのですね。風邪をひいている時などば、FXの売買は控えた方が良いと強調しているトレーダーの方も、非常に多く見られます。思えばこの金融商品では、健康管理が非常に大切だと思いますね。普段から健康に気を使うだけでも、売買の成績なども大きく変わってくるのではないでしょうか。