銀行などでお金を借りる方法について

銀行でお金を借りる場合は、様々な状況があります。金利も状況によって大きく違うことになります。一番安い金利で借りることができるのは、住宅ローンになります。住宅ローンの金利が安い理由は明確に逃げない資産が存在していますので、担保が確実なことが理由です。銀行側から見れば確実に回収できるローンともいえます。この住宅ローンは現在の金利は変動金利で1パーセント切っています。現在は政府の施策で最初の10年間は住宅ローン残高の1パーセント分を減税される政策が行われていますので、実質マイナス金利ということもできます。また、固定金利でも10年固定でも1パーセントを切っている場合が大半です。20年固定ローンでも1パーセント切っている場合もあります。今後、ある程度金利が上がることを想定する人はこのような固定金利の住宅ローンを組むのもよいでしょう。

さて、それ以外にもお金を借りることもあります。次に多くの人がお金を借りる場合は車のローンになるでしょう。車のローンはそこの買った場所でもローンサービスがありますが、銀行でもローンを受けることが可能になります。住宅ローンよりは金利が高いですが、車のローンも明確な担保がありますので金利は安い傾向にあります。ここから、担保がないローンを組むことになると金利が急激に上がっていきます。現在は、最高18パーセントになることもあります。このへんは、銀行ではなく他のクレジットカード会社でも消費者金融でも最高18パーセントが限界になります。担保がないのでこのへんは仕方のないことでしょう。このように、担保があるかなしで、最低1パーセント以下の金利から最高18パーセントの金利までにわかれています。逆にいえば、金利1パーセント未満で大量のお金を借りることができるのは現在でいえば最大のチャンスともいえます。将来にわたってどうなるかは分かりませんが、この金利情勢から考えると住宅を買う最大のチャンスが今来ているともいえます。